くつした屋

くつした屋

足のサイズにあった靴下の厳選

服装のコーディネートを行う上で、靴下にもバリエーションを考える必要があります。靴を履くと足元が隠れてしまう事から、そのコーディネートについては手を抜きがちです。しかし、靴からチラリと見える靴下が、相手に大きな印象を与える要素でもあります。また、サイズについても出来るだけあったものを選ぶ事が適切です。ある程度柔軟性がある素材が用いられている事から、靴に比較すると対応サイズには幅が存在します。それでも、出来るだけ自身の足の大きさにあったものを選ぶことで、動きやすく見た目も損なわない着用ができます。まずは、自身の足に合ったサイズがおおよそどのようなものであるのか、厳密に測っておくと役立ちます。生地にある程度の伸縮性があるからといって、大きさを適当に選んでいる可能性もあります。一度、自身の足の大きさについて厳密に軽量しておけば、その後の靴下や靴選びでもそのデータを参考にして、ファッションに活かせます。

メンズサイズの靴下を着用する利点

最近のメンズ用靴下はサイズが2つに分かれていることが多いようで、通常用25〜27cmと、大きい用の27〜29cmくらいに分かれています。このように2つのサイズに分かれてから、通常用だと女性が履いても大きすぎなくなりました。そこで、女性がこのメンズ用通常サイズ靴下を活用するようになりました。なぜ男性用を履くのか、それは長さが違うからです。女性用の通常の製品ですと、くるぶしから10cm上くらいまでしかなく、それ以上に長いものを求めようと思うと、ハイソックスになってしまいます。しかし男性用だとハイソックスほど長くなく、くるぶしから20cmくらいの長さになります。この長さがパンツやデニムを履いたときに足が見えなく、丁度いい長さなのです。ハイソックスも勿論、足は見えないのですが、長すぎて、パンツを履いたとには使い勝手があまりよくないのです。また、5本指用を着用しようと思うと、ハイソックスで5本指用はなかなか見つかりません。しかし男性用ならば、パンツを履いたときに、足が見えない5本指靴下が簡単に手に入ります。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/2/1

 


→TOPへ

■TOP

■安さ

■厚手の靴下

■足のサイズ

■丈夫な靴下

■Form

Copyright(C) 2009 くつした屋 All rights reserved.